上向き矢印

Blogs

Blogs

フォロー

--

フォロワー

--

マイページ

user
船橋 彩愛

6 日 前

たいへんお待たせいたしました〜!!! NIKE SB × PIET PARRA のコラボTシャツが入荷致しました♪ 今回はNI...

user
船橋 彩愛

1 週間 前

11/23(土)・24(日)の2日間、 スポタカスケートボードパーク、スポパーにてガレージセールを開催することに...

user
船橋 彩愛

1 週間 前

こんにちは! いつもパークを授業で利用していただいているバンタンさんが主催でハイオーリーコンテストを...

user
船橋 彩愛

2 週間 前

10/31(木)リリースのNIKE SB DUNK LOW PRO"NIGHT OF MISCHIEF"BQ6817-006のハロウィン仕様のダンクSBですが...

user
船橋 彩愛

2 週間 前

だんだんと寒くなってきていますが、スケートするには涼しくてちょうどいい季節♪ これから始める人も多いの...

user
船橋 彩愛

1 ヶ月 前

「スケートボードを始めたい」「レベルアップしたい」を現実に!大人のスケートボードスクール ”スケ...

user
船橋 彩愛

1 ヶ月 前

「スケートボードを始めたい」「レベルアップしたい」を現実に!大人のスケートボードスクール ”スケ...

user
船橋 彩愛

1 ヶ月 前

「スケートボードを始めたい」「レベルアップしたい」を現実に!大人のスケートボードスクール ”スケ...

user
船橋 彩愛

1 ヶ月 前

「スケートボードを始めたい」「レベルアップしたい」を現実に!大人のスケートボードスクール ”スケ...

user
船橋 彩愛

1 ヶ月 前

「スケートボードを始めたい」「レベルアップしたい」を現実に!大人のスケートボードスクール ”スケ...

【スケートボード】オリンピックでメダル候補?日本代表の選考基準と注目選手を解説

  • 2019.08.03
  • view555
  • favorite2

 

アジアの舞台では、圧倒的な強さを見せる、スケートボードの日本人選手たち。

一方で、2019年に入ってもなかなか選考基準が決まらず、心配の声も多く聞こえました。

基準が決まり、代表入りに重要な「強化候補選手」が決定したのが2019年5月。

本記事では、東京2020オリンピックを翌年に控え、ようやく決まったスケートボード日本代表の選考基準とメダルも期待される注目選手をご紹介します。

 

 

アジア王者でもオリンピックに出られない?と話題に

2018年9月に開かれたアジア競技大会のスケートボードのストリートにおいて、男女ともに1位〜3位のメダルを独占しました。

東京2020オリンピックでのメダル獲得の期待が高まるなか、男子優勝の佐川涼選手が東京オリンピック出場について、「出たいけれど、出る方法が分からない」と応えたことで話題に。

スケートボードは東京オリンピックから採用された新種目だが、代表選手を決める予選方法が明確でないとして、日本人選手からは困惑する声が多く聞かれました。

 

 

19年4月、選考基準が決定

19年1月からの五輪ランキングをもとに代表選手を決めることが決まったものの、試合ごとのポイントが発表されないため、選手のツアー日程が立たない事態に。

国際オリンピック委員会(IOC)からスケートボードの主流団体でない国際ローラースポーツ連盟(FIRS)が選ばれたことで、各団体との調整が長引いたことが原因ですが、最も影響を受けたのはオリンピック出場を目指す選手たちです。女子パークで優勝した四十住さくら選手も「出場できたら、金メダルを目指したい」と意欲を示すことしかできず…。

 

ようやく代表入りに重要な「強化候補選手」になるための条件が発表されたのが2019年4月です。世界ツアーを巡りポイントを獲得していくためには、膨大な遠征費用を負担してもらえる強化候補選手入りが重要になります。

 

2019年の強化候補選手に選ばれる条件は、ストリートとパークともに次の通りです。

・年間2戦の合計ポイントから各種目3名を選出

・1戦目が「日本オープン」

・2戦目は「全日本選手権」

 

これに加えて、次の2つに該当する選手にも強化候補選手の資格が与えられます。

・「2018年度ワールドスケート世界選手権」上位3位までのメンバー

・「2019年度SLSプロツアー」参加資格を有する選手

 

 

紆余曲折を経て、強化候補選手入りした選手は?

それでは早速、5月に決まったばかりの強化候補選手入り選手をご紹介します。注目のポイントは、最も若い選手が女子パークの開心那選手10歳など、全員が20歳以下と非常に年齢層が若いことです。

それだけに、来年のオリンピックまでに個々がどれだけ成長を見せてくれるのか、要注目です。

 

男子ストリート

  1. 青木勇貴斗:日本オープン4位、第3回日本スケートボード選手権優勝
  2. 山下京之助:日本オープン3位、第3回日本スケートボード選手権3位
  3. 白井空良:日本オープン2位、第3回日本スケートボード選手権4位

 

男子パーク

  1. 平野歩夢:日本オープン3位、第3回日本スケートボード選手権優勝
  2. 笹岡健介:日本オープン優勝、第3回日本スケートボード選手権3位
  3. 永原悠路:日本オープン2位、第3回日本スケートボード選手権2位

 

女子ストリート

  1. 中山楓奈:日本オープン2位、第3回日本スケートボード選手権優勝
  2. 織田夢海:日本オープン3位、第3回日本スケートボード選手権3位
  3. 藤沢虹々可:日本オープン優勝、第3回日本スケートボード選手権準決勝敗退

 

女子パーク

  1. 開心那:日本オープン優勝、第3回日本スケートボード選手権3位
  2. 岡本碧優:日本オープン2位、第3回日本スケートボード選手権優勝
  3. 小川希花:日本オープン3位、第3回日本スケートボード選手権2位

 

 

 

スケートボードでメダル獲得が期待される2選手

ここからは、東京2020オリンピックのスケートボードにおいて、メダル獲得が期待される選手についてご紹介します。

 

実力と実績で群を抜く堀米雄斗選手(ストリート男子)

国内の大会にほぼ出場しておらず、強化指定選手入りはしていないものの、ストリートリーグと呼ばれる世界最高の舞台「street league」において3連覇を達成するなど、世界でも高い評価を受ける選手。

難易度の高い大技を繰り出す、ダイナミックな滑りに注目です。

 

圧倒的なエアーの高さが魅力の平野歩夢選手(男子パーク)

2014年と2018年の冬季オリンピックにおいて、スノーボードのハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手。東京2020オリンピックに向けてスケートボードで参戦し、第3回日本スケートボード選手権で優勝することで周囲の不安を跳ね除けました。

ハーフパイプで培った高いエアーと銀メダリストとしての勝負強さから、メダル獲得が期待されています。

 

 

日本には若い有望な選手が多く、東京2020オリンピックに期待大

【スケートボード】オリンピックでメダル候補?日本代表の選考基準と注目選手を解説

ここまで、スケートボードの強化指定選手が決まるまでの紆余曲折と、注目選手などについて解説しました。

日本のスケートボード選手は10代の選手が多く、オリンピックまでに飛躍を遂げる選手が続々と出てくることが期待されています。

実力派の堀米雄斗選手や平野歩夢選手など、現時点でもメダル候補の選手もいるので、ぜひ注目してみてくださいね。

 

COMMENT

このブログへのコメント